Windows10便利ショートカットキー集

Windows10

後世へ遺したい(!?)Windows10の便利なショートカットキー(ショートカットコマンド)を集めました。

スポンサーリンク

コマンド例

設定確認系

・コンピュータ名、ドメイン名(ワークグループ名)、OSエディションの確認

Windowsロゴキー」+「Pause/Break
※「Pause/Break」キーが無い場合は、「Fn」+「P」で代用できる場合もある。機種によって代用として割当てられているキーは異なる。

スクリーンショット系

・アクティブになっている(選択中の)ウィンドウのスクリーンショット

Alt」+「PrintScreen

・マウスで範囲を指定してスクリーンショットを撮る

Windowsロゴキー」+「Shift」+「S

・リモートデスクトップ接続先でアクティブになっている(選択中の)ウィンドウのスクリーンショット

Ctrl」+「Alt」+「

デスクトップ操作系

・デスクトップを表示する

Windowsロゴキー」+「D
覚え方はDesktop

・画面をロックする

Windowsロゴキー」+「L
覚え方はLock。離席する際に使おう。

・アクティブになっている(選択中の)ウィンドウを強制的に閉じる。

Alt」+「F4
ウィンドウがフリーズしてしまった時に便利

・タスクバー上のショートカットを起動

Windowsロゴキー」+「数字キー
※数字はタスクバーのCortana、タスクビューを除いて、左から順に対応している

ドキュメント作成関係

・テキストデータや画像データを複数コピーする

Windowsロゴキー」+「V
※初めて使用する場合はクリップボードを有効化するように促される。「Ctrl」+「C」でクリップボードにストックされたデータを選択して貼り付けができるようになる。

・キーボードのかな入力とローマ字入力を切り替える

Alt」+「ひらがな

フォルダ操作系

・エクスプローラーを開く

Windowsロゴキー」+「E
覚え方は、Explore

・アクティブになっているフォルダをもう1つ開く。

Ctrl」+「N

ステータス確認系

・タスクマネージャーを起動する

Ctrl」+「Shift」+「Esc
※ちなみにパフォーマンスタブのCPUで、PCの稼働時間が確認できる。サーバーの稼働時間確認にも便利。

コメント