Windows10データ移行対象まとめ

Windows10

Windows PC (具体的にはWindows7からWindows10へ)のデータ移行をする際に、ここを対象として考慮すると良いよと思った事項をまとめました。

スポンサーリンク

【優先度高】ユーザープロファイルデータ

※初期値でCドライブにユーザープロファイルデータを保存している場合。

  • C:\Users\(ユーザー名)\お気に入り
  • C:\Users\(ユーザー名)\デスクトップ
  • C:\Users\(ユーザー名)\ドキュメント ※1,※2
  • C:\Users\(ユーザー名)\ピクチャ   ※3
  • C:\Users\(ユーザー名)\ビデオ    ※3

※1.Outlook2010以降ではメールデータもドキュメントフォルダ直下の”Outook ファイル”フォルダに含まれる。

※2.Outlook2007のメールデータ保存場所例
C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Microsoft\Outlook\
↑ AppDataフォルダは隠しフォルダなので、フォルダパスを直打ちする、もしくはフォルダオプションの表示設定で隠しフォルダを表示するなどしてアクセスする。

※3.業種によっては、ピクチャ、ビデオも業務で使用している。

【優先度中】移行しておくと便利

  • ユーザー辞書ツール ※4
  • Outlook署名     ※5
  • Outlook仕分けルール ※6

※4.txt形式などファイル出力する必要あり。任意の分かりやすい場所へ出力する事が望ましい。
出力先(初期値)
C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\IME\15.0\IMEJP\UserDict\output1.txt

※5.C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Signatures

※6.ファイル出力する必要あり。任意の分かりやすい場所へ出力する事が望ましい。

【優先度低】おまけ

  • Windows7付箋アプリデータ ※7

※7.C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Sticky Notes\
StickyNotes.snt

コメント